無痛治療情報館 >> 無痛治療 >> 無痛治療 注射針に工夫

無痛治療 注射針に工夫

無痛治療 注射針に工夫

麻酔注射の針を刺す箇所に、塗る麻酔を使用し、針を刺す前に痺れさせるのです。この表面麻酔により注射針を挿入するときの痛みを軽減できるのです。

針は細ければ細いほど痛みが少なくてすむのです。最近は髪の毛より細い針も開発されて今までの痛い注射針のイメージからは遠くなりつつあるのです。

薬で虫歯の部分のみをやわらかく溶かして、そののちに専用の道具で耳掃除をするように虫歯を掻き出していくのです。

ドリルをほとんど使用することがなく虫歯を治療できるため、ドリル使用時に比べて健康な歯へのダメージも少なく、痛みも大幅に軽減できるのです。

そして、麻酔液を体温に近づけて、麻酔液と体温の温度差による刺激を無くすることでかなりの痛みは軽減できるのです。

いくら治療技術を工夫しても、器械を最新なものにしても痛がる人はいるのです。 麻酔注射は、痛みを感じなくさせるもっとも有効な方法となっているのです。

麻酔をしない治療法でも痛みが出た場合には、最後はこの注射の麻酔を行なうことがあるのです。

なぜなら患者様と歯科医との信頼関係が不足しているからなのです。

麻酔科医による全身麻酔の直前のような感じなのです。

術中・術後の不快感がほとんどないのです。日本では、あまり知られていないのですが、痛みに敏感なアメリカでは多く使用されているのです。

さらに、痛みを緩和させるために麻酔の注射を刺すまえに塗る麻酔や貼る麻酔を使って痛みをより軽減できるのです。歯医者さんでも麻酔注射は行なわれているのです。

この麻酔により治療中の痛みを感じなくさせることができるようですが、患者様の中にはその麻酔注射が痛くて苦手という方もいるのです。

無痛治療を推進する麻酔注射自体も痛くないのです。

局所麻酔を行う際の、針を刺すポイントの粘膜にゼリー状の麻酔薬を塗布し、感覚を鈍化させる方法となっているのです。

おそらくどこの歯科医院でも使用されていると思うのです。浸潤麻酔は患部の近くに麻酔液を注射して痛みを感じなくするのです。

伝達麻酔は浸潤麻酔では痛みがまだ残る場合、麻酔が効かない場合に大きな神経の近くに打つ麻酔のことで、注射器を使うところは変わらないのです。

無痛治療情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>入れ歯
>矯正 岡山
>歯槽膿漏 歯周病
>岡山 インプラント
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>歯科 岡山
>インプラント 岡山
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>予防歯科
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック