無痛治療情報館 >> 無痛治療 >> 痛みは個人差がある

痛みは個人差がある

痛みは個人差がある

痛みの原因である刺激が皮膚や内臓に加えられると、脳に伝達され、痛みを認識するのです。 

要するに、脳が痛いと思えば痛いというわけなのです。注射の痛みには、刺すときの痛みと麻酔液を注入しているときの痛みの二つがあります。

刺すのが嫌な方と、刺すのは大丈夫だが薬を入れているときが痛い、全部痛い、と個人差があるのです。

笑気というガスを吸うことによって不安や恐怖心が取れ安心して歯科治療を受けることが出来るのです。

静脈内麻酔と比べ鎮静作用は少ないですが点滴など打たなくても良いので手軽に使用できる利点があるのです。

同じ位の痛みを与えても、人により感じ方が全く違うようです。これはまったく心理的、精神的、肉体的経験による問題なのです。

麻酔は我慢できるけれど治療した後、しばらく痺れが残っている状態が嫌、という方もいると思うのです。

お子さんは麻酔で一緒にしびれている頬を咬んでしまう場合もあるのです。

一般的に歯の治療をする場合、治療時の痛みをなくす、あるいは軽減する為に麻酔をするのです。

しかし、痛みをなくすための麻酔にもかかわらず痛みを伴ってしまうことが従来の麻酔だったのです。

注射の痛みは、チクッとする痛みの後、圧がかかるような痛みが伴うのです。

無痛治療とは、このようなこわばった緊張をほぐすよう、リラクゼーションを行い、極力の刺激を与えない治療法なのです。

虫歯を削らずに除去する薬品の名前なのです。むし歯の治療、歯ぐきの治療は、軽いうちは麻酔無しで処置できますので注射が苦手な方は、早め早めに処置できるよう定期検診を受けられる事をおすすめ出来るのです。

麻酔の痛みは最初の針が刺さったときの痛みと麻酔薬が入ってくる圧がかかったときの痛みがあるのです。

前者は表面麻酔で和らげ、後者は急激に歯肉、または骨膜下に麻酔液が注入されることにより痛みを伴うのです。

カリソルブは、虫歯部分を削るドリルを使わないので、不快な音や振動がなく、恐怖感を感じないで済むのです。

麻酔なしででき、虫歯周辺の健康な部分まで削らないでいいなどのメリットがあるのです。

ただし、虫歯が大きいと使えないのです。治療の痛みを緩和するために、麻酔を使用するのですが、麻酔注射が痛いという矛盾が有るのです。

無痛治療情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>予防歯科
>歯槽膿漏 歯周病
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>岡山 インプラント
>インプラント 岡山
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>入れ歯
>歯科 岡山
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>矯正 岡山
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック