無痛治療情報館 >> 無痛治療 >> 無痛治療 メリットデメリット

無痛治療 メリットデメリット

無痛治療 メリットデメリット

痛みがかなり軽減されることなのです。そして、妊婦さんが心身ともにリラックスしてお産ができることとなっているのです。

母体への負担が少ないため、赤ちゃんへのストレスも軽減されるのです。

無痛分娩には麻酔薬を使用するようですので、赤ちゃんへの影響が心配になるかもしれないと思います。

妊娠が分かった段階から、お腹の赤ちゃんへの影響を考えて、例えば風邪薬のような薬の服用を控えていた産婦さんも多いと思うのです。

自然分娩と比較して回復が早いため、疲労感が少ないことも特徴。入院が短期で済むのです。

また、分娩時に外陰部が広がりやすく,会陰切開無しに済むことが出来るのです。

複数の麻酔剤を同時に使用することであるひとつの麻酔剤の使用量を減らしているため、赤ちゃんへの影響はほとんどないと言って良いということなのです。

緊急帝王切開になる場合、麻酔処置ができているためスムーズに移行できるのも副次的なメリットとなっています。

麻酔処置のリスクなのです。日本では麻酔医の数が相対的に少なく、技術や経験が豊富であるかという不安がある。

麻薬性鎮痛薬を脊髄くも膜下腔に使用した無痛分娩の場合に頻繁に起こる副作用なのです。

かゆくなる部分は薬剤の種類によって多少違いがあるようですが、このかゆみは長くとも1時間程度でなくなることが多いのです。

麻酔が効きすぎた場合,最後のいきみの力が入らず,吸引分娩の可能性がある。

硬膜外麻酔による鎮痛法を始めると血圧が変動しやすくなるようですが、この時に血圧が低下した場合には吐き気を感じる産婦さんも多いのです。

この吐き気は麻酔を使わない通常分娩でもよく見らるのです。

分娩が終了すれば次第に治まるのです。麻酔科医が病院に常駐しているのか、パートタイムなのか、24時間対応してもらえるのかを確認する必要があるのです。

24時間対応でなければ、突然の場合、自然分娩になるケースがあるようです。

皮膚にかゆみを伴った赤い斑点ができたり、吐き気やむくみなどが起こる場合があり、重症な場合には血圧低下や呼吸困難が起こる場合もあるようですが、この場合には早い医療処置が必要になっているのです。

無痛治療情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>矯正 岡山
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>歯槽膿漏 歯周病
>岡山 インプラント
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>歯科 岡山
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>予防歯科
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>入れ歯
>インプラント 岡山
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科